キスでも感染するクラミジアにはジスロマックが有効

日本で一番多い性感染症といわれる「クラミジア」この病気にかかると、男性であれば尿道炎を起こして膿が出るようになる程度で、それほど自覚症状がない人も多いのですが、女性に関しては子宮頸管炎を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなるとても恐ろしい感染症です。これはクラミジアトラコマチスという細菌が引き起こすもので、非常に感染力が強いのが特徴です。
主に性交渉によって男性器から女性器に感染するというのが一般的ですが、オーラルセックスによる喉への感染、またキスを通しても感染するほど感染力が強いので、コンドームを付けるくらいでは完全な予防は出来ません。
治療に関しても、従来は長い期間をかけて服薬治療をしなければならなかったのですが「ジスロマック」という薬はたった1回の服用で高い確率でクラミジアを完治出来る、画期的な薬なのです。
ジスロマックの最大の特徴は、1回の服用で効果が1週間続くことです。経済的な負担や飲み忘れのリスクも低くなります。
その間で完治する確率は90%と非常に高いのですが、ここで気を付けなければならないのは、パートナーの存在です。
非常に感染力が強いので、いくら自分が治ったからと言って、相手が完治していないのに性交渉やキスをしてしまうと、再発してしまうというリスクが高い感染症ですので、2人で一緒に治療を受ける事が大切です。
また、ジスロマックは妊婦さんが飲んでも大丈夫で、副作用は少ないと言われていますが、まれに腹痛や下痢、発熱などの症状が報告されていますので、その場合は医者に相談する必要があります。
他にジスロマックの服用で注意すべき点は飲み合わせです。エルゴタミンという成分を含む製剤には併用することで血管萎縮などが起きる危険性もあるので十分に注意して、お薬手帳などを薬剤師さんに見せて確認すると良いでしょう。
病気が完治すれば再発の恐れはありません。パートナーとのキスもOKですよ。