セックスでうつる風邪に似たクラミジアにジスロマック

ジスロマックは感染症に対して効果的な抗生物質です。ジスロマックが用いられる感染症として主なものにクラミジア感染症があげられます。
クラミジア感染症とはクラミジアトラコマティスと言う病原菌によって引き起こされるもので、この病原菌が体内で繁殖するためには細菌の細胞内でたんぱく質の生成が必要となりますが、ジスロマックはこのたんぱく質の生成を抑制する作用があるのです。
クラミジアはセックスによって感染することが多いとされる性感染症で、男性か女性のどちらかが病原菌を有しているとセックスの際に相手に感染させてしまうのです。
クラミジアには性器クラミジアと咽頭クラミジアと言った種類がありどちらも、粘膜同士の接触や精液や膣分泌液などを介して感染します。
そのためオーラルセックスでも感染原因となってしまいます。男性の場合には尿道のかゆみや違和感、膿がでるなどと言った症状が起こります。
あまり自覚症状がないことから気が付きにくいこともありますが、また気が付きにくい症状としては発熱で、風邪の症状と勘違いされてしまいそのまま放置されてしまうことも少なくありません。
風邪と違う点は尿道の違和感やかゆみなどがあると言うことで、症状が進行すると排尿痛が起こることがあり、尿道炎などを起こすことがある点です。
女性の場合にはおりものの増加が最も多くみられる症状で、その他に下腹部の痛みや不正出血などがあります。
男性のように風邪のような症状はありませんが生理の症状に似ていることからクラミジアに感染していることに気が付かないことも少なくありません。
感染の不安があると言う場合や症状があるときには婦人科や泌尿器科で検査を受けて治療することができます。
ジスロマックを処方されることが多く、服用することで病原菌が消失し症状も治まっていきます。