• 研究所のホームページで見られるジスロマックのデータ

    2016年7月1日

    ジスロマックは性病であるクラミジアに感染している時に処方される薬として知られていますが、有効菌種が多様にあり、ブドウ球菌やレンサ球菌、肺炎球菌やマイコプラズマそしてヘリコバクターやピロリなどがあり、尿道炎や子宮頸肝炎などの患者や呼吸器感染症、皮膚感染症など幅広い治療に用いられています。 研究所では...

    記事の続きを読む